プエラリアの副作用と危険性について

プエラリア,副作用,危険

バストアップでお馴染みのプエラリア
女性用のサプリメントの主成分として知られており、女性ホルモンと似たような効果があると言われています。

 

では、プエラリア配合のサプリメントなどを服用した際、副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。過剰摂取などをした際の危険性などと合わせてご説明したいと思います。

プエラリアの働き

プエラリア,副作用,危険

女性ホルモンは、以下の2種類があります。

  1. エストロゲン
  2. プロゲステロン

この2つのうち、プエラリアは、エストロゲンと似たような作用を持つとされています。
エストロゲンは正常に分泌されていると、バストアップ髪や肌の艶などに影響し、より女性らしい身体つきを促します。
サプリメントなどで摂取する場合も、摂取目安量を守っていれば、特に大きな副作用が出ることはないでしょう。

プエラリアの副作用が出る危険性

プエラリア,副作用,危険

一方で、プエラリアの成分を含む様々なサプリメントを同時に服用したり、摂取目安量をはるかに超えてしまった場合は、体質によって、以下の症状があらわれることがあります。

  • はきけ
  • むくみ
  • 生理不順
  • 不正出血

これは体内のエストロゲンが過剰になっていることを示しています。
もし、長期にわたって過剰な状態が続けば、乳がんなどのリスクが高まります。

 

とは言っても、サプリメントに含まれている有効成分の量は、ホルモン剤と違って即効性があるほど多くはありません。
そのため、危険性を過度に心配する必要はありません。
摂取量の目安と、併用する薬などには十分注意しながら上手く取り入れることが大切です。


プエラリアの副作用で本当に乳がんになるのか?

プエラリア,副作用,危険

プエラリアは、女性ホルモンの生成を活発にさせる作用があります。
それによって女性らしい体のラインを作ってくれるとしてバストアップサプリに配合されています。

 

しかし、その副作用として乳がんになりやすいという噂がまことしやかに囁かれています。
実際、プエラリアは、乳がんを引き起こす成分が含まれていたりするのでしょうか。

プエラリアには発がんの危険性はない

プエラリア,副作用,危険

結果から言うと、プエラリア自身には発がん性物質などは含まれてはいません。
プエラリアはナチュラルな自然の恵みと言えます。

 

しかし、プエラリアを過剰に摂取することにより、エストロゲンが体内で過剰に増えてしまうと危険です。過剰摂取により、子宮内膜や乳腺に悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

また、すでに乳がんがある場合は、がんがエストロゲンを養分として増殖してしまう可能性があります。プエラリアを飲む前に、がんではないかしっかりと検査しておくのが賢明でしょう。

副作用としてがんのリスクが増えることはありません

プエラリア,副作用,危険

しかし、体内のメカニズムは非常に効率的にできています。
万が一エストロゲンが増えすぎてしまった場合は、それを抑えるためにプロゲステロンというホルモンが分泌される仕組みになっています。

 

そのため、過剰摂取しない限りは、副作用としてがんのリスクが増えることはほとんどないと言えるでしょう。

 

科学的にも、プエラリアとがんの因果関係は不明とされています。
摂取量をきちんと守って飲むことを心掛けましょう。
またホルモンバランスの不安定な生理の時に飲まないようにすれば、過度な心配は必要ないといえます。


プエラリアの副作用と生殖機能への影響

プエラリア,副作用,危険

バストアップに効果があると人気のあるプエラリアですが、副作用もあります。
プエラリアを摂取することで、以下の症状などの副作用が起こる可能性があるのです。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • ニキビ
  • 更年期障害
  • 肥満
  • 不妊症
  • 不正出血
  • 乳ガン

これらは、プエラリアに含有されている植物性のエストロゲンによって引き起こされる症状です。
体内でエストロゲン量が増加してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまい、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

生理不順の副作用の危険性

中でももっとも多い副作用が、生理不順です。
プエラリアを摂取することで、自分自身のエストロゲンの分泌が停止してしまいます。
その結果、子宮内膜が分厚くなり、生理がこなくなってしまいます。

不妊症の副作用の危険性

また、女性ホルモンの低下によって、卵巣機能や子宮機能が低下してしまい、不妊症を招く恐れもあります。

乳がんの副作用の危険性

そのほかにも、エストロゲンが過剰になることで、乳腺への過度な刺激が加ってしまう可能性もあります。
そうなると、乳ガンの発症率も高くなってしまいますから、副作用には十分注意が必要です。
また、経口避妊薬のピルを服用中の女性がプエラリアを飲むと、症状が増大する可能性も高くなります。

男性が摂取した場合の副作用の危険性

プエラリア,副作用,危険

男性が摂取した場合には、以下の様な副作用が表れることがあります。

  • 男性機能の低下
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 精神的不安定

男性ホルモンを分泌している睾丸の機能が低下して、生殖機能が衰える危険性も考えられます。
このようなリスクも知った上で摂取し、摂取量を減らして服用し徐々に増やしていくとよいでしょう。


プエラリアの副作用を整理してみる

プエラリア,副作用,危険

プエラリアは、女性特有の成分であるエストロゲンと構造が似ています。
エストロゲンには、女性の美しさを保つ、様々な働きがあります。

 

エストロゲンは、40歳を過ぎると、徐々に減少していきます。
更年期に入ると、さらに減少すると考えられています。

 

ただ最近は、20代の若い人でも、更年期の女性と同じような症状が起こるケースが増えています。ストレスや不規則な生活、ダイエットのやり過ぎになどにより、エストロゲンが減少することがあるのです。

 

プエラリアは、イソフラボンの量が大豆よりも多く、女性らしい美しさを保つ効果が期待できます。
そのため、サプリメントを利用して摂取している女性も少なくありません。

 

女性にとって嬉しい効果が期待できるプエラリアですが、副作用もあるので注意が必要です。
副作用を整理して、しっかりと把握しておくことが大事です。

プエラリアの副作用はホルモンバランスの崩れ

プエラリア,副作用,危険

プエラリアによってエストロゲンが増えると、ホルモンバランスが乱れてしまうリスクがあります。
女性の体は、ホルモンバランスが維持できていることが重要です。
エストロゲンだけが増えると、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れると、

  • 生理不順
  • ニキビ
  • 肌荒れ

などの症状が出てくることもあります。
女性ホルモンは、体の様々な部分に影響を与えるものです。
そのため、サプリメントでホルモンバランスを乱すことは危険性があるのです。

 

ですから、プエラリアのサプリメントを摂取する場合は、適量を守って服用しましょう。
また、大量に飲むことがないように気を付ける必要があります。


プエラリアが男性にもたらす副作用とは

プエラリア,副作用,危険

女性ホルモンに似た作用が期待できると評判のプエラリア。
しかし本来の目的や対象と違った使い方をすると、少々困った作用があらわれるようです。

 

たとえば男性がプエラリアを摂取し続けた場合、ホルモンバランスが崩れてしまうことが考えられます。

 

飲み始めに頭痛めまいなどの体調不良を感じることもあります。
そのまま飲み続けることでその症状はいったん収まりをみせます。
しかし今度は胸が張ったりしこりができたりすることがおこります。

 

そのうえ、それに伴う胸の痛みが出るようになります。
これは女性の成長期によくおこる体の変化とほぼ同様の作用です。

プエラリアが男性の体力と精神に起こす副作用の危険性

プエラリア,副作用,危険

さらにそれ以外にも、筋力の低下や体力が衰えたりという症状がみられたりもします。
それによって倦怠感を感じたり疲れやすくなるなどの体力面での衰えを自覚することになるでしょう。

 

また変化が訪れるのは体力だけでなく、精神面にもかなりの影響が出ることも覚悟しておかなくてはいけません。人によってはネガティブ思考に陥ることもあるので、精神的にとてもつらい状態になることもあります。

男性の生殖機能にも副作用の危険がある

プエラリア,副作用,危険

そしてプエラリアの副作用がもっとも顕著に出るのが男性の生殖的な機能についてです。
プエラリアによる女性ホルモンの作用によって、性に対しての興味が薄れてしまうこともあるでしょう。

 

本来男性の体内では、男性ホルモンが優位になっています。
その状態の肉体に、女性ホルモン様の作用を与えると、普通ではおこりえないような症状があらわれることがあります。

 

もしプエラリアを使う際は、その副作用の危険性や特性をよく知ったうえで用いるようにした方がよいでしょう。


バストアップに効果があるプエラリアの副作用と問題点

プエラリア,副作用,危険

プエラリアには、高いバストアップ効果があります。
プエラリアに含まれるミロエステロールが、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをしています。この働きによって、コラーゲン生成促進や乳腺発達促進効果があるため、バストアップにつながるのです。

 

ただ、メリットがある一方で、副作用もあります。

 

プエラリアを服用することで、体内にはエストロゲン量が増えてしまい、ホルモンバランスを崩してしまいます。
このホルモンバランスが崩れてしまうことで、体に悪影響をおこし、生理不順不正出血などの症状を引き起こしてしまいます。

プエラリアに含まれるミロエステロールの危険性

プエラリア,副作用,危険

このミロエステロールは、大豆イソフラボンの40倍もの強力な効果を持つとされています。
摂取すると自分でエストロゲンの分泌をしなくなり、子宮内膜を厚くした状態が続いてしまいます。

 

またこの状態が続くと、女性ホルモンの低下で生理不順が起こります。
そして卵巣や子宮機能が低下してしまうのです。

 

また、バストアップサプリに含まれている成分のプエラリアを、過剰に摂取すると、乳腺が過剰に作用してしまい、乳腺疾患だけではなく、乳がんの発症率も高くなってしまいます。

 

さらにミロエステロールは、乳がん細胞と結びつくと、ガン細胞を増殖させてしまいます。
その結果ガンの進行を早めてしまう可能性があるのです。

 

また、男性が服用すると、生殖機能を失うという副作用も考えられます。

 

このように、プエラリアにはさまざまな問題点があります。
用法・用量は十分に注意して、副作用が起こらないようにすることが大切です。


「プエラリアの副作用って何?プエラリアに潜む危険性と副作用を解説」関連情報